リアル3分クッキング-レッドの幻覚高速オムライス!

~私たちは幻覚を見ているのだろうか?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーとグリーンには負けねぇ

omurice

前回、ブルーとグリーンが挑戦した3分間でカレーを作るというチャレンジを、遠目から見ていたレッドは次は俺がやってやる!そしてブルーとグリーンには絶対に負けねぇ!と、なぜかブルーとグリーンに対し闘志をみなぎらせていた。

 

そして今回レッドが挑戦する料理は”オムライス”玉ねぎやご飯を炒め、最後のトロトロの玉子までひとりで作ろうと言うのだ。

 

 

いざ勝負!

omurice2

タイムキーパー、ピンクの合図とともに3分クッキングがスタートした。

 


omurice3

今回カメラも担当していたピンクは、玉ねぎをみじん切りにする包丁のスピードが早すぎてカメラには収められないと嘆いていた。

 


omurice4

そして、プライパンの振りも早すぎて、フライパンの中に何が入っているのかもわからない。もはやレッドは本当にフライパンを振っているのかさえもわからない状態だ。

 


omurice5

次にフライパンに投じられたのは、黄色い液体のようなもの。想像するに卵のようだが高速過ぎてわからない…そこに見えている色は本当に”黄色”なのだろうか。私たちは幻覚を見せられているのかもしれない…

 

 

完成!

omurice6

そして3分ジャストで完成し、ようやくブレがない画像を撮ることができた”オムライス”だが、もはや本当にオムライスなのかどうかもわからない…

 

本当にオムライスなのかどうかは、タイムキーパー兼カメラマンを務めたピンクが実際に食し、判定することとなった。

 

 

実食

omurice7

高速過ぎてカメラに収まらなかったオムライスは、本当にオムライスなのかどうかを確かめるためにピンクが確かめた。玉子がトロトロで美味しいと舌鼓を打つピンクの首の振りが以上に早く、もはや試食している人がピンクなのかどうかもわからない。

 

ブルーとグリーンの3分クッキングに続きレッド編をお送りしたが、もはやレッドがオムライスに挑戦したのかどうかも定かではない。

 

フライパンからピンクまで全てが”ブレてしまう”高速オムライスなのでだった。

 

 

|2015/5/1 up|カテゴリ 調理、グルメ系タグ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!