シュールストレミングを料理して食べたら美味しく食べられるのか!?

~火を通したら美味くなると信じて~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ実食へ

shuru

前回と同じようなリアクションの末に開缶に成功したググレンジャーは、あのシュールストレミングに火を通し食べていくことに。

 

まず、シュールストレミングをフライにしたその名も「シュール揚げ」からシュールストレミングへの再挑戦が始まった。

 

 

シュール揚げ~シュールのフライとともに

shuru2

調理担当のレッドが手際よく、シュールストレミングを卵→小麦粉→パン粉につけ、熱したサラダ油にゆっくりと落とした。

 


shuru3

すると、シュールストレミングは”普通”のフライと同じようにバチバチと美味しそうな音をたて、いかにも美味しいですよと言わんばかりの”顔”をしている。

 

その音に歓声を上げるググレンジャー。美味しんじゃないかという期待も、より一層高まっていたそのとき風が吹いた。


shuru4

鍋から立ちのぼる湯気がレッドを襲う。世界一臭い”ニシン”は揚げてもなお、湯気まで臭い。そんなシュールストレミングでも揚げてしまえば吐くほどマズくないだろうと考えていたブルーがシュール揚げを食べることになった。

 


shuru5

ブルーがシュール揚げを頬張る。サクッとした食感は本当に白身魚を天ぷらにしたような感じだったが、中から凝縮されたシュールストレミング独特の臭みが口の中に広がった。

 

揚げることによって凝縮された臭みと、口から鼻に抜けるなんとも言えない臭さでブルーは撃沈。そしてその次にグリーンも撃沈したのだった。

 

【シュール揚げ~シュールのフライとともに】

シュールストレミングの臭みが衣の中に凝縮されてるね。噛んだ瞬間、中から溢れ出してくる臭みはハンパない!

 

 

シュール焼き~シュールを焼き魚と見立てて

shuru6

次の料理はシュールストレミングを焼き魚ようの網に乗せただ焼くだけのシュール焼き。普通に生を食べるより食べやすくなるだろうとシュールストレミングを焼き始めた。

 


shuru7

火に炙られたシュールストレミングは、シュール液を滴り落とす。そしてその度にコンロの火が勢いを増していた。このカセットコンロはこの企画のために購入したものではなく、ピンクの家庭から持ってきたもの。

 

そのコンロに一度付いてしまったら二度と取れることがないというシュール液が何度も何度も滴り落ち、ピンクは今後鍋をする度にシュールストレミングのことを思い出すことになってしまった。

 


shuru8

そして5分後シュールストレミングは焼き上がった。見た目はごく普通の焼き魚。臭いを除いては…しかしこのシュール焼きを食べたピンクが奇跡を起こすことになる。

 

ビール片手にシュール焼きをつつくピンク。

 

ピンク:『これはウマイよ!』

 

まるでシュールストレミングじゃない普通の焼き魚を食べるかのごとく、何度もおかわりをするピンク。そしてグリーンも一口。

 

グリーン:『ん?あっ一番イケる!』

 

前回全くと言っていいほど飲み込むことができなかったグリーンが食べれた!もしかしたらシュールストレミングを焼くことで誰でも食べることが出来るのではないかと思ったその時、


shuru9

吐き気が襲ってきた。

 

やはりピンクでしかシュール焼きはクリアできないということになってしまった。

 

【シュール焼き~シュールを焼き魚と見立てて】

焼くことによってある程度の生臭さは無くなったけど、臭いものは臭いよ!

 

ただ珍味好きのピンク曰く、ビールのつまみに最適だ。とのことだった。

 

 

シュヒージョ~飛べない鳥、アヒージョ仕立て

shuru10

続いて、ニンニクとオリーブオイルで食材を煮込むアヒージョでシュールストレミングを調理する。ニンニクがシュールストレミングの臭さを消してくれるだろうということで企画前は一番期待が高かった料理なだけに、ググレンジャーも”シュヒージョ”を心待ちにしていた。

 


shuru11

オリーブオイルで煮こまれたシュールストレミングは縮こまりながらも、臭いにおいは相変わらず放っている。そんなシュヒージョをイエローが口に運ぶ。

 

イエロー:『ガァァァァァ—-!』

 

奇声を発しながらダッシュするイエロー。ニンニクのにおいでもシュールストレミングの臭さを打ち消すことはできなかったようだ。

 

そして、先ほどシュール焼きを”おいしい”と言っていたピンクもシュヒージョを口に運んだ。


shuru12

ピンク:『美味しい!しょっぱいけどウマイよ!』

 

その感想を聞いたレッドは半信半疑ながらもシュヒージョを口に運んだ。

 


shuru13
 

【アヒージョ~飛べない鳥、アヒージョ仕立て】

ものすごくしょっぱい上に臭いのでちょっとムリ…(ある1名を除いては…)

 

 

シュールの卵とじ~しゃぶしゃぶよりも美味しそうじゃない?

shuru14

当初しゃぶしゃぶにする予定だったが、卵でシュールストレミングをとじることにより臭みを閉じ込めまろやかになるはずだ。という美食家サブエボ先生の提案により急遽シュールの卵とじに変更になった。

 


shuru15

いただきます!の合図とともにシュールの卵とじを一気にかき込むサブエボ先生。

 


shuru16
 

【シュールの卵とじ~しゃぶしゃぶよりも美味しそうじゃない?】

シュールストレミングだけが臭いんじゃない!卵全体が臭いんだ!

 

 

シュニュエル~シュールをムニエルにしてみた

shuru17

そして最後の料理、シュールストレミングをムニエルにする”シュニュエル”を調理する。

 

小麦粉を付けて焼いていくが、シュールストレミングがぼろぼろに崩れてしまい箸で持てないような状況になってしまったため、かき混ぜてつみれ状態にするレッド。

 


shuru18

かき混ぜられたシュニュエルは見るも無残な状態になり、まるで排水口にたまったゴミのようになっていた。そしてゴミと化したシュニュエルをイエローが食べることに…


shuru19

これまで何度も苦しめられてきたシュールストレミングだが、これは今までとは訳が違う。そうもうこれはシュールストレミングではない、ただの腐った生ごみだ。

 

そんなシュニュエルを前に、量を半分にしてと懇願するイエロー。大の大人がこんなにお願いする様を見ることが今後あるだろうか…

 


shuru20

グリーンに羽交い絞めにされながら、食べさせられるイエロー。そして予想通りシュニュエルは食べれないという結果に。

 

【 シュニュエル~シュールをムニエルにしてみた】

排水口にあるようなもの、臭い以前にムリでしょ。あれはもはや腐ってるねw

 

 

最終結果は如何に!?

shuru21

シュールストレミングに火を通すことで美味しく食べれるのではないかという実験は終わりを告げた。そしてこの料理の中からどれが一番美味しかったのかの答えを出すググレンジャー。

 

・シュール揚げ~シュールのフライとともに

・シュール焼き~シュールを焼き魚と見立てて

・シュヒージョ~飛べない鳥、アヒージョ仕立て

・シュールの卵とじ~しゃぶしゃぶよりも美味しそうじゃない?

・シュニュエル~シュールをムニエルにしてみた

 

ピンク:『アヒージョが一番イケたよ!』

 

ググレンジャー全員の意見としては全ての料理がダメだったという意見だったが、ピンクのみがシュール焼きとシュヒージョは普通に食べることが出来るという結果に。

 

しかしこの企画を通してググレンジャーはシュールストレミングのある注意点を1つ見るけ出すことに成功した。

 

シュールストレミングの缶にはこういう説明書きがされている。

 

シュールストレミングの漬け液は一度服についてしまうと二度と臭いが取れることはありませんのでご注意下さい!

 

 

この企画動画を見ていただいている方は薄々気づいているかもしれないが、注意すべきはシュールストレミングの液だけではない!”湯気”までも服についてしまうと二度と臭いがとれることがないという、シュールストレミングの新たな一面までググレンジャーは発見することとなった。

 

 


shuru22
 

 

|2014/6/20 up|カテゴリ 調理、グルメ系タグ  , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!