伝説の企画再び!世界一臭い缶詰シュールストレミングへ再挑戦!

~極寒の寒空の下、あの恐怖の企画が帰って来た~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さのあまり身を寄せ合うおっさん達

surstromming1

真冬の新潟にやってきたググレンジャーは前回世界一臭いと言われているシュールストレミングを美味しく食べれるのか?という企画を行い、何度も嗚咽と闘いながら何とかお茶漬けなら食べれるという答えを導き出すことに成功した。

 

今回のシュールストレミングの企画は、加熱調理をしたシュールストレミングなら美味しく食べれるのではないかということで

 

シュールストレミングを調理して食べれるか挑戦する

 

 

 

今日のメニューはどんなかな?

surstromming2

ググレンジャーがシュールストレミングを美味しく食べれるだろうと考えた調理方法はこちら

 

oshinagaki

ツッコミどころ満載の料理名だが、”シュヒージョ~飛べない鳥、アヒージョ仕立て”に関しては動画を見ていただくことでその謎がとけるため是非動画も共に見ていただきたい。

 

 

 

開缶選手はグリーン!

surstromming3

シュールストレミングは一度服についてしまうと二度と臭いがとれることがないという強烈な異臭を放つ食べ物のため開缶選手のグリーンはさりげなく100円ショップダイソーで購入してきたレインコートを着用し、缶切りを握りしめた。

 

イエロー:『でもこれ二回目だからパパっとやってね』

 

初回は開缶にかなりの時間を使ったが、今回二度目ということで”さっさと開けろ”という空気が張りつめる中、グリーンが缶切りを突き刺す。


surstromming4

缶に穴が開いた瞬間、漬け液が噴出する。この状況は体験済みのためわかっているはずなのだが前回と同じリアクションをとってしまうおっさん達なのであった。

 


surstromming5

 
 

シュールストレミングがこんにちは

surstromming6
 

グリーンが蓋をゆっくりと開け、二度目のシュールストレミングがその全貌を現す。一度体験済みとは言え、約半年ぶりの強烈な悪臭に嗚咽と悲鳴が響き渡る。

 

ただ、火を通すことで以前ほど苦しむことはないだろうとググレンジャー全てのメンバーが信じていた。

 

あのシュールフライを口にするまでは…

 

続く…

 
ググレンジャーYouTubeチャンネル登録

 

|2014/5/30 up|カテゴリ 調理、グルメ系タグ  ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!