リアル3分クッキング-3分でカレーに挑戦!

~本物の3分クッキングを見せてやる!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3分クッキングって本当は3分じゃない!

3minutescurry

あのブルーが怒っていた。

 

皆さんご存知”3分クッキング”実はあの3分クッキングは10分間の番組である。そして実際に3分で料理を作っていない。そこでググレンジャーは立ち上がった。リアル3分クッキングの第一弾はブルー&グリーンによる『カレー』。

 

実際に3分で料理をするとこうなる、リアルな3分クッキングをお見せしましょう。

 

皮だけは…

3minutescurry3

切る・炒める・煮る、などの全てを3分でやり切ると豪語するブルー。しかし皮だけは3分に入れると確実に間に合わないのと、実際の料理番組でも皮はすでに剥いてあるので今回も皮だけは剥いた状態でやらせてください。ごめんなさい。ということで皮だけは事前に剥いた状態で3分クッキングが始まる。

 

よーいスタート!

3minutescurry4

レッドの合図とともについに始まった3分クッキング。ブルーは早速材料を切り始め、グリーンはお湯を沸騰させる。

 


3minutescurry5

材料を切り始めたブルーだったが、材料の多さに開始10秒ほどであきらめモードになってしまう。しまった野菜多すぎたと思いつつも高速で野菜を切り刻んでいく。

 

1分40秒で野菜と肉を切り終わり、グリーンがフライパンに野菜を入れ炒め始める。そして残り1分…

 


3minutescurry6

明らかに野菜が多すぎたため焦りながらお湯を足すブルー。

 

野菜は炒めたというかフライパンの上に置いただけ、だがもう時間はない。急がないと野菜をお湯に漬けただけの料理になってしまう…

 


3minutescurry7

しかしブルーとグリーンのコンビネーションは絶妙だった。ブルーが鍋をかき混ぜる中、固形のカレールーをグリーンが切り刻み、普通に入れてしまうと解けることがないだろうルーがみるみるうちに溶けていく。

 

残り10秒のカウントダウン。そして完成!

3minutescurry8

残り10秒となったがまだ盛り付けができていない。ご飯を盛った皿とお玉をグリーンから受け取り、3分ジャストで出来上がったカレーがこちら

 


3minutescurry9

炊きたての白ご飯の上に少し赤みを帯びた豚肉とシャキシャキとした玉ねぎ、そして角が角ばった人参とじゃがいもが脇を添える『3分カレー』が出来上がった。

 

そしてこの3分カレーを美食家サブエボ先生の元へ運ぶ。

 

美食家サブエボ先生による試食会

3minutescurry11

美食家サブエボ先生の元へ運ばれてきた3分カレー。

 

ブルー:「豚肉は火が通っているところがあります。」

 

火が通っていないところがあるのではなく通っているところがあるため、火が通っているところを主に食べて欲しいとお願いするブルー。

 


3minutescurry12

火が通っている豚肉を食べた後、次にじゃがいもをボリボリ言わせながら食べるサブエボ先生。

 

ブルー:「あー、いい音♪」

 

ブルーはまるで漬物を食べているときのように、じゃがいもの音を褒め称えた。そして比較的火が通りやすい玉ねぎはというと…


3minutescurry13

顔をしかめて玉ねぎを頬張るサブエボ先生。

 

サブエボ:「かれー」

 

この”かれー”とはカレーが辛口だからじゃない。玉ねぎが辛いのだ。

 

 

サブエボ先生の評価はいかに!?

3minutescurry14

サブエボ:「3分にしてはできてる。」

 

3分で作った料理にしては美味しすぎると高評価。

 

これぞリアル3分クッキングだ!3分カレーを皮切りに無謀とも言われ続けてきた”リアル3分クッキング”への挑戦の幕が開けた瞬間だった。

 

続く…

 

 

 

|2015/4/3 up|カテゴリ 調理、グルメ系

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!