新しいサマースポーツを開発、そうめんを取り合う「バトルそうめん」

~スポーツマンシップにのっとり、そうめんを取り合います~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ググレンジャーの新種スポーツ企画第二弾【バトルそうめん】

battle

ググレンジャーは前回、新しいウィンタースポーツとして日本の畳で滑走し、ジャンプ台で跳躍中に技を披露し、その”美しさ”や”技”で競い合うタタミースライダーという競技を開発することに成功した。

 

そして今回、新しいサマースポーツとして頭の上に乗っているそうめんを取り合う『バトルそうめん』という競技を考案した。

 

【競技上の規定及び競技方法】

▼ルール

バトルそうめんとは頭の上に乗っているそうめんを箸で取り合うスポーツ。頭の上のそうめんが完全に無くなった選手は退場となり、最後までそうめんを残した選手が勝者となる。

 

 

▼以下に該当する反則を犯した場合、ペナルティそうめんとなる

ペナルティそうめんを提示された選手はその場で正座し5秒間静止しなければならない。その5秒の間にそうめんを全て取られてしまった場合も退場となる。

 

・バトルフィールドから出てしまった場合

・ショルダーチャージ、プッシングなどの反則行為を行った場合

・レフェリーへの侮辱行為

・頭に乗っているそうめんを落とした場合

・その他レフェリーが反則行為と判断した場合

 

 

▼会員の資格

以下に該当した選手はバトルそうめん会員資格が剥奪となる

・ドーピングまたは暴力行為があった場合

・マナーを守らない選手

・本協会が不適合と判断した選手

 

ググレンジャーバトルそうめん協会

 

 

プレイそうめん!

battle3

レフェリーのホイッスルが鳴り、バトルそうめんググレンジャー大会が”プレイそうめん”された。頭の上に乗っているそうめんを落とすとペナルティそうめんとなるため慎重に中腰で間合いを計る各選手。

 

序盤は各選手とも積極的に攻撃に行かず慎重にスタートしたバトルそうめんだったが、レッドの攻撃を皮切りに各選手攻撃態勢に入る。


battle4

レッドの攻撃に驚きのあまり、後ずさりするグリーン

 


battle5

レッドとグリーンがピンクのそうめんを狙っている後ろからブルーがレッドのそうめんを奪い取るという複数人で争うバトルそうめんならではのシーンが見られる。バトルそうめんは目の前のそうめんに夢中になっていると後ろから自分のそうめんを取られてしまう危険性があるスポーツのため、目の前のそうめんだけに集中していてはいけない。

 


battle6

レッドとグリーンに同時に狙われたピンクはその攻撃に逃げきれたと思いきや、逃げている途中にそうめんを落としてしまいペナルティそうめんを提示されるが、すでに頭の上のそうめんを全て落としてしまっていたため、初めての退場者となってしまった。

 


battle7

何もないところで勝手にコケるグリーン。

 


battle8

バトルフィールドから出てしまいペナルティそうめんを受けてしまったブルー。完全に無防備の状態で2人から狙われるが奇跡的に少量のそうめんが残っていた。

 


battle9

グリーンのサンダル飛ばしが反スポーツ行為とみなされペナルティそうめんをうけてしまう。

 


battle10

ペナルティそうめんのペナルティを受けている間に2人からそうめんを狙われるグリーン

 


battle11

全てのそうめんを失ってしまったグリーンは完全に”河童”と化していた。

 

 

前半戦終了、残ったのは3選手

battle12

前半戦を終え、積極的に攻める姿勢を貫いたレッド、攻撃を交わしつつ隙を見てはそうめんを後ろから狙ったブルー、ほとんど微動だにしなかったサブエボの3選手が残った。後半戦を戦う前にそうめんの残量を確認する3選手。その中でもサブエボが一番残量があり、優勝候補と目されていた。

 

 前半戦グリーンのハイライト

ここで惜しくも自爆して敗北してしまったグリーンの勇姿をごらんください。


Kr84pw

威嚇するが逆に追い込まれるグリーン

 


vpNW1n

1人で勝手にコケてピンチになるグリーン

 


y5XlgX

逃走からの~砂かけジジイ

 

 

後半戦プレイそうめん!

battle13

後半戦のホイッスルが鳴ったのと同時に前半戦ほとんど微動だにしなかったサブエボが先制攻撃を仕掛け、三つ巴の戦いとなる。

 


battle14

ブルーの攻撃を交わしたかに思えたが、勢いよくかわしてしまったためそうめん飛ばしをしてまうサブエボ。その結果ペナルティそうめんを受けてしまいサブエボはあえなく敗北してしまった。

 

 

いよいよ大詰め、レッドとブルーの一騎打ちに

battle15

バトルそうめんも終盤戦に差し掛かり、残ったのはレッドとブルーとなった。

 


battle16

今まで獲って来た相手選手のそうめんを自分の皿に入れ増量させようとするが、感覚がつかめず肩に乗せてしまうブルー。

 


battle17

そして一騎打ちが始まる。一騎打ちのため今までのように後ろを気にする必要はないためどちらも積極的に攻撃に出る。

 


battle18

ブルーの攻撃を交わした際にそうめんを大量にこぼしてしまい、痛恨のペナルティそうめん判定をうけてしまい万事休すのレッド。

 


battle19

ペナルティそうめんで千載一遇のチャンスをもらったブルーは見事にチャンスをものにし、高々とそうめんを掲げ勝利を確信する。

 

 

金の紙皿はブルーが獲得!

battle20

今大会一番の安定感を誇ったブルーが金の紙皿を獲得し第一回バトルそうめんググレンジャー大会は幕を閉じた。

 

強風吹き荒れる最悪のコンディションの中、選手たちは真剣に目の前の”そうめん”に食らいついた。まさに格闘技とも言えるこのバトルそうめんは今後アジア全土に普及し、後にアジア大会正式種目となるだろう。とブルーは優勝者インタビューで答えたとか…

 


battle21

 
 

|2014/10/10 up|カテゴリ 体育系タグ  , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!