【グリーン編】GPS鬼ごっこ、森の緑と一体化するグリーン

~鬼から逃げていても自己紹介だけは忘れない~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いついかなる時も全ては自己紹介から始まる

green

ググレンジャーはGPSを元に居場所を知られている状況で鬼であるサブエボから逃げている。もし見つかってしまうと腹黒銃(墨汁が入っている水鉄砲)で撃たれてしまうという緊迫感の中ゲームは行われていた。

 

GPS鬼ごっこは森の中で行われており、カラフルなググレンジャーはすぐにバレてしまう可能性があるが、唯一見立たない存在がひとりだけいた。その名を

 

【五分咲きグリーン】

 

という。

 

森と一体ができるであろう五分咲きグリーンことグリーンが森の中にひっそりと隠れていた。

 

「グリーンです。」

 

と言いながら…

 

 

サブエボが動き出した

green2

ググレンジャーが隠れ始めた5分後サブエボは全員の位置が分かるスマートフォンを片手に動き始めた。周りを見渡すとたくさんの木々が生い茂っている。赤や青などは見つけやすいが”緑”を探しだすのは一苦労だ。

 

しかしGPSで居場所はわかっている、隠れていてもすぐに見つけられるだろうとサブエボは考えていた。そしてその頃グリーンは


green3

2回目の自己紹介をしていた。

 

そして岩場の陰にしばらく隠れていたグリーンは、変化が何も起こらないことに嫌気を指し隣の岩場へと動いた。そして、


green4

3回目の自己紹介をした。

 

 

サブエボがキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

green5

いっそのこと森の中でひっそりと隠れていればサブエボに見つからなかったかもしれないが、暇を持て余していたグリーンは大通りに出てしまい、運悪くサブエボに見つかってしまった。

 

 

手持ちのカメラを揺らしながら、全速力で走るグリーン。高性能の手ブレ補正機能も全く役に立たない。

 

 


green6

サブエボに見つかってしまったグリーンは瞬く間に腹黒銃によってやられてしまった。

 


green7

唯一森の中で目立たない存在で一番逃げやすいグリーンがやられてしまったググレンジャー。

 

 

残るはブルー・イエローの2人のみとなってしまったググレンジャー。果たして2人は逃げ切ることができるのか?

 

イエロー編へ続く…

 

 

|2014/11/14 up|カテゴリ 体育系タグ  , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!