二人羽織りでスイカ割り対決!

~夏のビーチと浴衣のレンジャー~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏だ!海だ!レジャーだ!レンジャーだ!

watermelon1

ググレンジャーは夏企画の撮影のため湘南にやってきた。

 

そして記念すべき初回企画は「スイカ割り!」ビーチでやる催し物といえばスイカ割りだろ!?と意気揚々とスイカを用意し、ビーチにやってきたのだった。

 

しかし上の画像を見た方なら誰もが疑問に思うはず、「なぜ浴衣を着ているのだ?」と…ググレンジャーがただ普通に目隠しをしてくるくる回って、「もっと右よ~」「ちがうちがう今度は左!」といった和気あいあいとしたスイカ割りをするわけがない。

 

そこでググレンジャーは画期的なスイカ割り「二人羽織りスイカ割り」を考えついた。二人羽織りスイカ割りはかつて誰も挑戦できなかった、いや、「しなかった」異次元の企画なのである。そんな異次元の企画に、恐れを知らないググレンジャーは挑戦するのであった。

 

 

 2チームに分かれて先に割ったほうが勝ち!

watermelon2

ブルー&グリーンチームとピンク&サブエボチームに分かれてスタンバイ。

 

二人一組となって、おんぶをした状態でスイカ割りが始まる。おんぶをしている人は前が見えない状態で棒を持ち、おんぶをされている人が指示を出すということになる。

 

ピンク&サブエボチームは「サブエボのせい!」を披露する程の余裕ぶり。


YO1px7

一方、ブルー&グリーンチームはというと…


Watermelon3

ただ、おんぶをしているだけ…

 

 

それでは試合開始!

Watermelon4

レッドの合図で二人羽織りスイカ割りが始まった。上に乗っているブルーとピンクの的確な指示の元、両チームが順調にスイカに近づいてくる。

 

先にスイカにたどり着いたのはブルー&グリーンチーム。

 

ブルー:「もうちょい左!オッケー!」

 

あとはグリーンがスイカを叩くだけだが、思うように棒が定まらない…その時ブルーが明らかな不正を働いた。グリーンの腕を持ってスイカの位置を教えたのである。


Watermelon6

スイカの位置がわかったグリーンは自信満々に棒を振り下ろす。

 

グリーン:「いくよ!せーの」


A9nmyL

スイカに触って確認しておきながら、かすりもしない…

 

そうこうしている間にピンク&サブエボチームがスイカを叩き割ることに成功!


Watermelon7

 
 

勝者ピンク&サブエボチーム

watermelon8

終了の合図とともにグリーンはおじいちゃんと化し、サブエボも倒れ込む。足場は砂という不安定な場所にもかかわらず、人を担いで棒を振り下ろす非常に危険な戦いが終わりを告げ、 ゲーム後のサブエボの”顔”がこの二人羽織りスイカ割りの過酷さを物語っていた…

 


watermelon9

 
 
watermelon-kaiketsu

 
 

|2014/9/5 up|カテゴリ 体育系タグ  , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ここでは書ききれなかった裏話やオフショットはFacebookで公開中!
Twitterではググレンジャーの最新情報をツイートしてるよ!

RSS登録・フォローよろしくね!